ユリ

提供: fukapedia
移動先: 案内検索

ユリの栽培が盛んな深谷市では、オリエンタルユリ、LAユリ、スカシユリなどが生産されています。

ユリ.jpg

オリエンタルユリ

日本や中国といったアジアに自生しているユリを元に交配、育種したユリのことです。


スカシユリ

鱗茎は白色で卵型。茎は直立し、高さ20cm - 60cm程度。葉は葉柄のない披針形で互生する。花期は太平洋岸の個体群で7月 - 8月、日本海側の個体群で5月 - 6月。茎の頂に、直径10cm程度の、赤褐色の斑点を持つ橙色の花をつける。花被片の付け根付近がやや細く、隙間が見えることから「透かし」百合の和名がある。近縁種のエゾスカシユリと比較し、花柄やつぼみに綿毛がないこと、全体にやや小型であることで判別される。