清風亭

提供: fukapedia
移動先: 案内検索

清風亭(せいふうてい)は、大寄公民館の敷地内にある歴史的建造物で、埼玉県指定有形文化財である。


歴史

清風亭は、大正15年(1926年)に、当時第一銀行頭取であった佐々木勇之助の古希(70歳)を記念して建てられた。建築資金は、すべて第一銀行行員たちの出資による。<ref>深谷市ホームページ</ref>

概要

住所
埼玉県深谷市大字起会110番地1
開館時間
午前9時~午後5時
休館日
年末年始(12月29日~1月3日)

建物

建築面積168㎡で、鉄筋コンクリート造平屋建。外壁は、人造石掻落し仕上げの白壁で、対称的に黒いスクラッチタイルと鼻黒煉瓦がアクセントをつけています。屋根のスパニッシュ瓦、ベランダの5連アーチ、出窓のステンドグラスや円柱装飾など、当時流行していたスペイン風の様式が採られています。


大正12年の関東大震災を契機に、日本の洋建築の構造は、煉瓦造から鉄筋コンクリート造へと主流が代わりましたが、清風亭は鉄筋コンクリート造の初期の建築物としても建築史上貴重なものといえます。

設計者

西村好時(にしむら よしとき 1886-1961)。明治45年に東京帝国大学工科大学建築学科を卒業後、田辺淳吉の推挙で清水組に入り、田辺の片腕となって活躍した後、第一銀行に移り建築課長に就任しました。銀行建築の第一人者として東京丸の内の第一銀行新本店を始め一連の第一銀行の建物、支店長社宅、証券会社建築等の銀行関係施設を手がけました。また、東京三田の渋沢栄一の孫・敬三らの邸宅の洋館部分(現在、青森県三沢市に移築)も西村の設計によります。


西村自身は、清風亭の設計にあたって「南欧田園趣味を採用し、これを近代的な手法で建て、清楚な気分を表現することに努力した」という旨を述べています。これは、いわゆるスペイン風の様式により、鉄筋コンクリート造の工法で建築した、ということでしょう。

「清風亭」の名前

清風亭は、当初、佐々木の雅号をとって「茗香記念館」等と呼ばれていましたが、後に「清風亭」と呼ばれるようになりました。設計時点の資料が残されていますが、これには「清和園記念館」のほか「清風亭」という名称がすでに見られることから、この名称は、設計当初において考えられていたものと考えられます。

外部リンク

出典

<references/>