てー

提供: fukapedia
2012年9月10日 (月) 15:17時点におけるFukapedia (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

てーは深谷地方の方言。「たまげたなぁ」「わぁ、すげぇ」の意味。[te]という音節を、音の強弱や、イントネーションや、ときにはリズムを変化させることによって、さまざまな驚きの感情を表現する。こうした表現の豊かさを「『て』の三段活用」という人もいる。


てぇー![編集]

驚いたり、感動したりしたときに、舌先に力を入れて、頭のてっぺんから声を出すつもりで、音を破裂させ、可能な限り語尾を伸ばすことにより驚き具合が表現される。破裂音は元気が出る。「て」が天に通じる音だからです。

  • 舌尖を上前歯のもとに密着して破裂させて発する無声子音[t]と母音[e]との結合した音節。
  • 平仮名の「て」は「天」の草体(草書の書体)   (『広辞苑』より)


'

て、てーぇ[編集]

もっとたまげたら、こんな感じになる。最初に小さな[te]を、続いて間髪を入れず、大きな[te]を息の続く限り発する。最後に息が切れそうになったところで、[e]の音で呼吸を整える。

用例[編集]

「あいつ、結婚するんだって!」
「て、てーぇ」

ててててて ててててて[編集]

さらにたまげたら、「て」を連発する。

用例[編集]

「あいつ、離婚したんだって!」
「て、てーぇ」「ててててて…」

でぇ。で、でぇ。[編集]

「なんだよぉ! そりゃ、ねぇだろう。」「なあーんだ、つまんねぇ」という意味。がっかりしたり、相手の話に味噌をつけたいときなどに発語する。さらにそうした気持ちを強く伝えたいとき、特に相手をくさしたいときは、「で、でぇー」と濁音を重ね、だらしなく言う。相手の息の根を止めること必定。
なお、これでもれっきとした文であるため、表記する場合は、句点を打たなければならない。

用例[編集]

「子供はどうしてできるか知ってる?」 「キスするとできるんだよ」 「で、でぇー。じゃあ、映画俳優なんか子供がたくさんできちまぁじゃねえか」

関連情報[編集]

岡山弁に「てーてーて」というのがあり、「ご飯を炊いといて」という意味だそうだ。

参考資料[編集]