ねぎぬた

提供: fukapedia
移動先: 案内検索

深谷ねぎを使った郷土料理のひとつである。

「ぬた」とは「和え衣」のこと。

少量で作るより、多めに作り、常備菜として使えるものである。

たっぷりのねぎにお酢や胡麻の風味が懐かしい一品である。

深谷市内の小中学校では、給食週間(毎年1月)に、郷土料理の一つとして給食献立に登場する。


材料(4人分)

  • 深谷ねぎ 2本
  • 赤味噌  大さじ2
  • 酢     大さじ2
  • いりごま 大さじ3
  • 砂糖   大さじ3
  • 酒    大さじ1

※味噌は好みで白みそを使う家庭もある。


作り方

  1. ねぎは3センチくらの長さに切る。
  2. 切ったねぎを軟らかくなるまで蒸す。(茹でてもいいが、甘みが残るので蒸した方が良い)
  3. 小鍋に味噌、砂糖、酒、酢を合わせて強火でねり、照りがでたところで弱火にし、火からおろす。(好みでからしを小さじ1程度加えてもよい)
  4. 手順2と手順3をからめてできあがり。