アオサギ

提供: fukapedia
移動先: 案内検索

アオサギは、日本のサギの仲間では一番大きなサギである。利根川荒川など川で多く見かけますが、水のある所にはどこでも見られます。柔らかく湿った畑地などでも、土をほじくって中の餌をあさっているのを見ることもあります。大きくても鶴ではありませんのでお間違いのないよう。

  • 九州以北で繁殖し、北海道のものは冬には本州以西に移動するようです。
  • 全体が青灰色で、見慣れたシラサギとはかなり違います。
  • 嘴は黄色。頭頂部は白ですがその下、目から後ろに黒い線となってのび、そのまま黒い冠羽となります。長い首は白っぽく、喉側には黒い点線が何本か縦にのびています。止まっている時の背中側は青灰色ですが、飛ぶと羽が黒っぽく縁どられています。足は黄褐色。
  • 深谷市でもよく見かけるサギになりました。「なりました」というのは、以前はほとんど見かけなかったからです。その頃は見つけると「お、アオサギだ」と思ったものです。