アカゲラ

提供: fukapedia
移動先: 案内検索

アカゲラは、スズメよりもかなり大きくムクドリくらいのキツツキで、キツツキの中ではコゲラの次に身近な鳥である。

  • 背中側は黒に白い班があり、その一番目立つ班が逆ハの字になっているのも特徴です。この逆ハの字が無いオオアカゲラというキツツキもいる。
  • お腹側は胸から腹にかけては白く、それより下は赤い色をしている。
  • 頭部は帽子状に黒なのですが、雄は後頭部に赤い班がある。

深谷では林や森が残っている所には結構いる。屋敷林でも充分見つけることができますし、木の多く植わっている学校などでも見られるでしょう。街中でもある程度まとまった木が残っていればきっといます。