オムシチュー

提供: fukapedia
移動先: 案内検索

オムシチューは、東京成徳大学深谷高等学校成徳食堂の人気定番MENUである。
ふわっとろっの半熟オムライスの上にビーフシューをかけた絶品料理。成徳の学生以外は食べられない。ただし年に1度文化祭の時だけ食べることができる。


特徴

できたてのふわっとろっの半熟オムライスの上にビーフシチューをくるり。ビーフシチューも赤ワインを使って煮込んでいるため、コク・深みがあり卵との相性もバツグン。運良く食べられた人たちも、その想像以上のおいしさに「これは学食のレベルを超えているよね」と口にするらしい。
学食の定番“カレーライス”よりも人気があるんだとか。
多い時は1日20食、普段も1日10食は出るそう。
値段は330円(2013年6月1日現在)。高校生のお財布にも優しいお値段。


オムシチュー写真
オムシチュー写真02




オムシチューの秘密

オムシチューがなぜ学食のレベルを超えているかというと、ふわっとろの卵の作り方を習得するべく、実際にレストランを経営していた方に1週間みっちり教えてもらったからである。 
またオムシチューは作り置きせず、注文を受けてから作るため、常にできたてなのもおいしさの秘密。そのため他のメニューなどの関係から、1日に作れる量が決まってしまうという。