カルカロドン メガロドン

提供: fukapedia
移動先: 案内検索

カルカロドン メガロドンとは、太古の巨大サメで、深谷市でその歯の化石が発見されている。

太古の巨大サメ

現生のホオジロサメの祖先ともいわれている体長約12メートルの巨大サメ

サムネイルの作成エラー: ファイルがありません
これが、カルカロドンメガロドンです。(埼玉県立自然の博物館より提供)

化石の発見

昭和61年(1986)春、深谷市(旧大里郡川本町)の荒川河床に分布する約1000万年の地層からカルカロドン メガロドンの歯が発見されました。   73本の1個体分の歯がそろっていたため、歯の位置関係や体長が推定されました。

化石の展示

発見により採取された“カルカロドン メガロドン”の歯の化石を見たいひとは、埼玉県立自然の博物館(秩父郡長瀞町)へ足を運んでください。

博物館に入ると天井から吊るされた体長約12メートルの巨大サメの模型が頭上から迎えてくれます。その下には、深谷市(旧大里郡川本町)で採取された実物標本とアゴの復元模型を展示しています。あまりの大きさに圧倒されること間違いなしです。現生のホオジロサメのアゴも展示していますので比較をしてみましょう。


サムネイルの作成エラー: ファイルがありません
カルカロドンメガロドン生体復元模型(埼玉県立自然の博物館より提供)


化石の発掘

自分も“カルカロドン メガロドン”の歯を発掘してみたいと思うかたは、まず、専門家にご相談ください。

河川は法的規制がある区域や生態系の保護が必要場所もあります。また、季節によっては増水することもあり危険が伴います。

きちんとした知識を得てから古代ロマンに夢を馳せてみましょう。


Caution.gifご注意:上記の画像を著作権者の承諾を得ずに、無断で複製・転載・インターネット送信などの方法で利用することはできません。利用に際しては、著作権者の承諾が必要です。 

外部リンク