テンプレート:マークアップ用ボタン

提供: fukapedia
移動先: 案内検索

編集用ボタンの使い方

編集用テキストボックスには、よく使用される書式を指定するための編集用ボタンが用意されています。基本的な書式は、これらのボタンを使って指定できます。
初めてウィキテキスト編集用ボックスを開いた場合には、ボタン配列が1行だけ表示されています。その右隣にある「上級」をクリックすると、下のようにボタンが2行分表示されます。
編集用ボタン

書式の指定のしかた

書式の指定のしかたは、以下の2通りの方法があります。

  • テキストを入力した後に書式を指定する
  • 書式を決めてからテキストを入力する


(1) テキストを入力後に書式を指定する
  1. テキストを入力します。
  2. 書式を指定したい文字列を範囲指定し、編集用ボタンをクリックします。例えば、テキスト内のある文字列を太字にしたい場合は、その文字列を範囲指定した後で太字ボタンをクリックします。
    これにより、範囲指定した文字列が太字になります。


(2) 書式を決めてからテキストを入力する
  1. 編集用ボタンをクリックします。例えば、番号なし箇条書きを書きたい場合は、箇条書きを始めたい位置にカーソルを移動し、番号なし箇条書きボタンをクリックします。カーソル位置に、「* 番号なし箇条書きの項目」という文字が挿入されます。
  2. この中の「番号なし箇条書きの項目」という文字を削除し、「* 」の後ろに箇条書きの1行目を入力します。
  3. 手順1と2を繰り返し、箇条書きにします。

編集用ボタンの機能

<ご注意>
以下では、「テキストを入力した後に書式を指定する」ときのボタンの機能について説明しています。


ボタン 機能
太字 範囲指定した文字列を太字にします。
斜体 範囲指定した文字列を斜体にします。
外部リンク 外部リンクとは、本サイト(フカペディア:深谷の百科事典)の外にあるURLへのリンクです。ボタンをクリックすると、[http://www.example.org リンク名]という文字列が挿入されます。外部リンクを貼るためには、"http://www.example.org "の部分を外部のURLに書き替えます。また「リンク名」の部分を表示したい名称に書き替えます。この時、URLの後に空白を入れるのを忘れないでください。
内部リンク 範囲指定した文字列を内部リンクにします。内部リンクとは、本サイト(フカペディア:深谷の百科事典)内の記事へのリンクです。
ファイルの埋め込み 画像・音声・文書などのファイルを挿入します。
注釈 注釈を挿入します。注釈の挿入のしかた
時刻印付き署名 「議論」のページに書いた意見に、あなたの署名(利用者名と投稿日時)を付けます。
リンク 以下のリンク設定画面を表示し、内部リンクまたは外部リンクを挿入します。

Henshuu icon linklink.png

注釈 [出典を挿入]画面を表示し、出典情報を挿入します。
見出し プルダウンメニューから見出しのレベルを選択して、範囲指定した文字列を見出しにします。
番号なし箇条書き 範囲指定した文字列を番号なし箇条書きにします。
番号付き箇条書き 範囲指定した文字列を番号付き箇条書きにします。
字下げ カーソル位置の行を字下げします。
ウィキ書式なし マークアップした書式を解除します。

例えば、文頭に"*"を付けると箇条書きになってしまいますが、
この記号を単にアスタリスク(*)として表示したい場合は、
"<nowiki>"と"</nowiki>"で挟むことにより書式を解除しします。

改行 カーソル位置の行を改行します。
大 範囲指定した文字列のサイズを1段階大きくします。
改行 範囲指定した文字列のサイズを1段階小さくします。
上付き文字 範囲指定した文字列を上付き文字にします。
下付き文字 範囲指定した文字列を下付き文字にします。
画像ギャラリー 下のような画像ギャラリーを作成します。
表 下のような表を作成します。
見出し 1 見出し 2 見出し 3
行 1、セル 1 行 1、セル 2 行 1、セル 3
行 2、セル 1 行 2、セル 2 行 2、セル 3
リダイレクト 現在の記事名(ページ名)を別の記事名でも表示させたいとき、その転送先の記事名を指定します。こうすると、例えば、「渋澤栄一」「渋沢栄一」のいずれでも記事が検索できるようになります。
表(オプション) 以下の画面が表示され、表をカスタマイズして作成することができます。

表を挿入

検索・置換 ウィキテキスト編集用ボックス内のテキストを対象に、文字の検索・置換ができます。


詳細については、マークアップを参照してください。