ナスチェンテス・チーゼ

提供: fukapedia
移動先: 案内検索

ナスチェンテス・チーゼは、明治期のお雇外国人で、ドイツ人のレンガ製造技師。明治20年(1887年)に来日し、大寄村に日本煉瓦製造株式会社を建設、煉瓦の製造工程に至るまで指導した。明治22年に帰国。<ref>『埼玉人物事典』(埼玉県、1998)より抜粋</ref>


脚注[編集]

<references/>