ブロッコリー

提供: fukapedia
移動先: 案内検索

ブロッコリーは、キャベツの仲間で地中海沿岸が原産のアブラナ科の野菜で、深谷の代表的な農産物である。岡部地区を中心に生産されており、深谷市全体での出荷量は全国2位である<ref>『平成18年農林水産省野菜生産出荷統計』</ref>。


深谷産のブロッコリーの特長[編集]

  • 茎が太くしっかりしている。
  • 日持ちがよい。


生産量[編集]

作付面積
772ha
収穫量
9,540t
出荷量
8,710t

出荷時期[編集]

11月と12月に特に多く、1月~5月にかけても出荷されている。収穫後は主に首都圏に向けて出荷されている。


栄養価[編集]

ビタミン類とともに、歯や骨を作るカルシウム、貧血を予防する鉄分、腸粘膜を刺激し消化運動を高める植物繊維が多く含まれ、緑黄色野菜のなかでも、ブロッコリーの栄養価はトップクラスである。


ゆで方のポイント[編集]

  • たっぷりのお湯に塩を少々入れてゆでます。普段食べている部分(花蕾:からい)だけでなく、茎もゆでて食べることができる。茎の皮を厚めにむいてゆでるとよい。
  •  ゆであがったら、水にさらさずにそのまま冷やすと水っぽくならない。


関連項目[編集]

脚注[編集]

<references>