ヘルプ:ログイン

提供: fukapedia
移動先: 案内検索

ログインとは[編集]

「ログイン(login)」とは、作成したアカウント(「利用者名」と「パスワード」)を使用し、フカペディアのサイトに入っていただく操作のことです。
あなたがログインして記事を編集した場合、編集の履歴は利用者名で記録されます。これによって他の利用者は、利用者名を通じて編集した人物を知ることができます。

ログインしないことによるデメリット[編集]

  • ログインしないで編集すると、ページの履歴には編集した人のIPアドレスが表示されます。IPアドレスと現実の身元を結び付けることは、その気になれば容易な場合もあります。
  • 一部のページは、荒らし行為による編集を防ぐために、「半保護」されている場合があります。半保護されているページは、ログインしている利用者のみが編集できます。

ログインすることによるメリット[編集]

ログインすると、以下の機能が利用できるようになります。なお、各説明の中で、リンクやタブの位置については、使用しているブラウザや「個人設定」によって異なる場合があります。

利用者ページ
あなたの「利用者ページ」を作ることができます。画面最上段の[(自分の利用者名)]をクリックすると、「利用者ページ」が表示されます。記事の下書きを置く場所にも使えますし、雑記帳のようにも使えます。[自分のトーク]は、自分用の会話ページです。他の利用者がお知らせ事項を書いたり、投稿に興味を持った他の利用者からの賞賛を受けたり、アドバイスを受けたりといった場所になります。
自分の投稿記録
自分の投稿記録を見ることができます。[自分の投稿記録]をクリックすると、あなたの投稿記録ページが表示されます。ログインしていない場合はIPアドレス単位で表示されますが、ログインしているなら利用者単位で集計されます。
ウォッチリスト
画面最上段の右上に[ウォッチリスト]というリンクが表示されます。ページをウォッチリストに追加しておくと、該当ページが更新されるたびに、編集日時と執筆者が分かります。数ヶ月前に加筆したページについて意見や修正があっても、ウォッチリストを見ることによりそれが即座に分かります。ページを大量に投稿したり修正している場合、こういった機能がなければ、せっかくの意見や誤編集に気づかないで見過ごしてしまう、ということがあるかもしれません。ウォッチリストが増えすぎた場合は、「ウォッチリストの一覧・編集」を選んで、不要になった項目をウォッチリストからはずすことができます。編集時にウォッチリストに追加したり、除外することもできます。
ウィキメール
メールアドレスを登録しておくことができます。アドレスを登録しておくと、他の参加者があなたにウィキメールで連絡を取ることができます。相手に自分のメールアドレスを知らせずとも、先方からこちらにメールが届くのです。もちろん、自分から他の参加者にウィキメールを送ることもできます。自分から他の参加者にウィキメールを送る際には、自分のメールアドレスが送り先に通知されます。また、パスワードを忘れたときに、メールアドレスが登録されていれば新しいパスワードをそのアドレスにシステムから送ってもらうことができます。これらの機能を使用する必要がないのであれば、メールアドレスを登録する必要はありません。
個人設定
画面の右上に[個人設定]というリンクが表示されます。個人設定を利用して、ページのデザインを変更したり、表示内容の設定を自分の見やすいように変更することができます。またパスワードの変更や、[[Help:ウィキメールの送り先や、ノートページなどで使う署名の設定も行えます。
細部の編集
編集時に「細部の編集」をチェックして投稿すると細部の編集として送信されます。すると「最近更新されたページ」にMマークが付いた状態で表示されるか、もしくは表示されなくなります(設定によって異なります)。誤字の修正等に用いるといいでしょう。
ページの移動
ログインしているとページの上に[移動]というタブが表示されます。この機能を使うと、その項目の過去の版もまとめて新しい項目名に移動することができます。どんなときに移動が必要になり、移動に際してどのような手続きを行えば良いかは、ページの改名を参照してください。
ファイルのアップロード
画像などのファイルをアップロードできます。

ログインする[編集]

アカウントを一度登録すれば、ログインすることができます。
ここではログアウトの状態からログインする手順を説明します。

  1. 画面の右上にある[ログインまたはアカウント作成]というリンクをクリックします。

  2.     
    Login.png

    [ログイン]画面が表示されます。

        
    Login02.png
        
  3. 以下の項目を入力します。

    • 「利用者名」:アカウント作成時に決めた自分の名前を入力します。
    • 「パスワード」:アカウント作成時に決めたパスワードを入力します。
    • 「このブラウザーにログイン情報を保存 (最長 $1 日間)」:にチェックを入れておくと、次回以降同じコンピューターの同じブラウザでフカペディアのページを開いたとき、自動的にログインされます。ただし、同じコンピューターを他の人も使うような場合はこの機能を使うことは避けてください。
        
  4. [ログイン]ボタンをクリックします。

パスワードを忘れたら[編集]

アカウントを作成するときか、個人設定画面でメールアドレスを登録していれば、パスワードを忘れたときに新しいパスワードの発行を受けることができます。ログイン画面で「利用者名」を入力し、「新しいパスワードをメールで送る」のボタンを選択してください。登録されているメールアドレスが有効になっていれば、システムが臨時パスワードをそのアドレスに送付します。それを使って仮ログインして、新しいパスワードに設定しなおしてください。

メールアドレスを登録していないか、メールアドレスが無効の場合は、新しいアカウントを作るほかありません。

ログアウト[編集]

ページの右上にある「ログアウト」のリンクを選択することで、いつでもログアウトすることができます。他の人が利用する可能性があるコンピュータの場合、またはフカペディアの使用を終了する場合には必ずログアウトを選択してください。そうしないと、他の人があなたの名前でフカペディアの編集を行なってしまう可能性があります。

また、ログアウト後も、ブラウザはあなたの利用者名を記憶しています。ログアウト後、再びログインしようとすると、すでにあなたの利用者名が「利用者名」欄に記入されているはずです。これに不都合がある場合、特に図書館、仕事場、学校などの複数の利用者で共有しているコンピューターでは、使用終了後に必ず個人情報を削除するようにしてください。