上杉房憲

提供: fukapedia
移動先: 案内検索

上杉房憲(うえすぎふさのり)は、上杉憲信の子。深谷上杉氏の一人で、深谷城を築城した。
また、仏教への帰依が深く、浅間山(人見山ともいった。現在は仙元山といっている。)の麓に昌福寺を建立した。