上杉氏憲

提供: fukapedia
移動先: 案内検索

上杉氏憲(うえすぎうじのり)は、深谷上杉氏の一人で深谷城主。
豊臣秀吉の小田原征伐の際、相模小田原城に立てこもるが、篭城中に深谷城の留守を預かっていた重臣秋元長朝(あきもとながとも)と杉田因幡(すぎたいなば)が、前田利家・浅野長政の大軍による総攻撃に対し、和睦を結んだことによって深谷城は開城した。