八幡神社(町田)

提供: fukapedia
移動先: 案内検索

八幡神社は、深谷市町田の神社。

所在地
埼玉県深谷市町田146

由緒と沿革

 第73代堀河天皇の御代、源義家が 奥州征伐の帰途にこの地に立寄り、東方鎮護のため金幣を奉って祈願したという。以来、土地の人々は、鎌倉の八幡宮を深く崇敬し、土地の開拓の産土神として当社を創建して、今に至るという。
 字砂田に、岡部六弥太忠澄の家老の一人が陣屋を築くに際して、八幡社をその鬼門除の神と崇めて、現在の社地に移転されたともいう(12世紀頃?)。
 また、字八幡裏八五番地にあった当社だったが、後土御門天皇の御代(15世紀末)に、現在地に遷祀されたという。
 例祭には古くより獅子舞の行事がある。徳川時代中期より、剣道太刀打の行事もある。

祭神
誉田別命(ほむだわけのみこと)

社殿と工作物

祭礼

1月 1日
歳旦祭
2月25日
(末社)菅原神社,天神祭
4月10日
祈年祭 通称/春祭
7月28日
(末社)八坂神社,祇園祭(神輿渡御)
7月31日
大祓
10月15日
秋祭
11月23日
新嘗祭
12月30日
大祓

主な境内神社

菅原神社 
(祭神)菅原道真
八坂神社
(祭神)素盞嗚命