北根代官所

提供: fukapedia
移動先: 案内検索

江戸時代、北根村・柏合村・長在家村を支配していた旗本日根野氏は、江戸に居住していたため領地支配を郷代官宇野家にゆだねた。
旧北根代官所は、その役宅を兼ねた居宅。
構造は、茅葺き寄棟造の農家風建築だが、内部に「お白州」と呼ばれる訴訟などの事務を取り扱う機能や馬小屋を備えている。
規模は、間口11間、奥行5間。居宅の外に門や土塁、空堀などが認められる。