大谷邸

提供: fukapedia
2012年8月16日 (木) 15:37時点におけるFukapedia (トーク | 投稿記録)による版
移動先: 案内検索

昭和恐慌の時、時の深谷町長故大谷藤豊氏がお助け普請で建てた木像2階建て洋館付き和洋折衷住宅。ステンドグラスなど大谷邸には精巧優美な細工が数多く見られる。 登録有形文化財
主屋、洋館、本蔵、松庭湯、祠、中門及び塀、裏門及び塀、欅空庵、米蔵の9件。昭和初期のお助け普請として多くの地元の職人によって建てられた。設計は、魚住儀一による。 主屋は、質の高い数寄屋風建物で、高度で精緻な技量が発揮されている。洋館は、主屋南面に接続するユーゲント・シュティルのスタイルでまとめられている。

YouTubeを見る