富国館

提供: fukapedia
移動先: 案内検索

富国館は、両角市次郎(もろずみ いちじろう)によって明治32年(1899)に深谷町(現在の田所町)につくられ、大正末年まで操業していた機械製糸工場である<ref>『深谷の生糸産業と富国館』(企画展示パンフレット、深谷市教育委員会、2011)</ref>。


概要[編集]

両角市次郎は信州で製糸業を営んでいた人で、当時、深谷では繭の生産、つまり養蚕が盛んであったことから、深谷に製糸工場を創立した。
場所は、中山道沿線で深谷駅にも近い交通の便によい現在の田所町である。


規模[編集]

深谷では建坪3,066坪の工場に、1400名もの従業員が働いていた。
大正時代半ばには埼玉県下第1位となっている。
一般に「女工哀史」によって労働条件の劣悪さが語られることの多い当時にあって、両角市次郎は「優良なる生糸の生産は優良なる工女と器械による」という考えを持ち、工女の育成に力を注いだ。余興場、女工浴室、面会室など福利厚生施設があったことからもそれがうかがえる。 富国館は深谷の他に、諏訪、福島、静岡にも工場があった。

富国館と「中の家」[編集]

渋沢栄一の生家である中の家の母屋は、養蚕を行うために建築されたもので、当主の渋沢治太郎は大正5年(1916)に西部蚕業改良組合の設立に参加し、専務理事になるなど深谷の養蚕業を代表する人物であった。両角市次郎も同組合に参加し、深谷の生糸蚕業を発展させた。

その他[編集]

深谷の製糸工場は富国館の他に、開国館、大里製糸合名会社などがり、大正末年頃に深谷の製糸工場で働く従業員の数は4,000人を超えていた。


脚注[編集]

<references>

[

[Category:歴史]]