尾高ゆう

提供: fukapedia
移動先: 案内検索

尾高ゆう(おだか ゆう)は、尾高惇忠の娘として下手計村(現深谷市)に生まれる。父の尾高惇忠が工場長を務める官営富岡製糸場の操業にあたり、第1号の伝習工女として日本の近代化に大きく貢献した。安政5年(1858)頃~大正12年(1923)

Odakayuu.gif

外部リンク

深谷市ホームページ