幡羅遺跡

提供: fukapedia
移動先: 案内検索

概要[編集]

幡羅(はら)遺跡は古代幡羅郡家(郡役所)跡である。遺跡は平成13年に確認された。

位置[編集]

熊谷市との境付近に位置し、東西約500m、南北約400mの範囲にまたがる。

歴史[編集]

7世紀後半になって、それまで古墳が造られていた台地の先端部にて出現した。当初、竪穴建物が分布する中に小規模な倉庫などの掘立柱建物が分散して建てられ、7世紀末頃には、工房や厨房施設など一部を除いて竪穴建物は遺跡の南部、西部に集約され、郡家域や集落域は分離していった。

郡家域には、正倉・館・厨家・曹司・道路などが整備され、未確認であるが、郡庁も同時期に造営されたものと思われる。旧地形は現在以上に起伏があったと思われ、郡家の建物は、比較的高い場所を選んで建てられている。

遺跡の中央には、路面幅約8mの道路が斜め方向に走り、その北西に正倉院、南東に実務的な官衙施設が造られた。正倉院は8世紀末頃に礎石建物への建て替えや敷地の拡張が行われ、10世紀前半或いは中頃に廃絶し、10世紀後半には集落化していった。

また、実務官衙域の東には西別府廃寺跡があり、寺院は郡家が整備されるのとほぼ同じ時期に造営されている。郡家近くに寺院が造営される例は各地で見られるが、公的な寺院ではなく、郡領層の氏寺的な性格を持っていたと考えられる。 9世紀後半になると、建物ブロックが複数あった実務官衙域には、二重溝と土塁による区画施設が造られ、郡家の構造が大きく変化します。この区画施設は、正倉廃絶後の11世紀前半まで存続していたと推定される。


キャラクター[編集]

ハラ君は、幡羅遺跡(はらいせき)のマスコットキャラクターで、かまどの神様である。

Download hara 01.jpg











Caution.gifご注意:上記の画像を著作権者の承諾を得ずに、無断で複製・転載・インターネット送信などの方法で利用することはできません。利用に際しては、著作権者の承諾が必要です。深谷市教育委員会

外部リンク[編集]

出典[編集]

深谷市ホームページ