庁鼻和上杉氏

提供: fukapedia
移動先: 案内検索

庁鼻和上杉氏(こばなわうえすぎし)は、上杉憲英(のりふさ)、上杉憲光(のりみつ)、上杉憲長(のりなが)、上杉憲信(のりのぶ)の4代が、国済寺にあった庁鼻和城(こばなわじょう)を館としていたことから、そう呼ばれる。 「庁鼻和上杉氏」に対して、その後の上杉房憲(ふさのり)、上杉憲清(のりきよ)、上杉憲賢(のりかた)、上杉憲盛(のりもり)、上杉氏憲(うじのり)の5代は深谷城に移り住んだので、「深谷上杉氏」と区別して呼ばれるが、それらを総称して「深谷上杉氏」と呼ぶ場合もある。