河十

提供: fukapedia
移動先: 案内検索

河十(かわじゅう)は、江戸時代から明治時代にかけて中瀬村(現在の深谷市中瀬)にあった河岸問屋である。

当時、中瀬には石川藤兵衛(石藤)、河田十郎左衛門(河十)の2家が河岸問屋業を営んでいたが、その後、石川家はその問屋株を石川武右衛門家に譲り、以後この両家が明治に入って廃業するまで続いた。河十の廃業は明治24年(1891)。

河田家はもともと村の旧家で、その始祖は縫之助である。
河十の開業は正徳2年(1712)で、江戸城修築の際、用材の秩父材を請け負い、盛大に開業式が開かれた。5代目十郎左衛門の頃には河岸としての機能が備えられるようになった。

建物

現存する屋敷は明治2年(1869)、住居兼事務所として建てられたものである。ただ建物の東部分は増築されたもので、さらに2階は養蚕農家の作りとなっているので、廻船問屋の作りではなくなっているという。しかし、敷地には石垣が組まれ、当時運行していた舟板を利用した舟板塀が現存し、往時を偲ばせるものが残されている。
大きな改修を受けているとはいえ、大繁栄を誇った河岸問屋の遺構が残されていることは貴重であり、現在でも河田家の人々が居住していることもその価値を高める。


<ご注意>

  • 現在も一般の住宅である。また、一切の文化財指定も受けておらず、現況写真や現況見取り図は個人情報保護の観点から提供できない。
  • 敷地外からの見学も事前に河田家の許可が必要である。