「深谷もやし」の版間の差分

提供: fukapedia
移動先: 案内検索
(特徴)
1行目: 1行目:
  
 
== 誕生までのいきさつ ==
 
== 誕生までのいきさつ ==
1959年(昭和34年7月)に深谷市新井(明戸地区)において、深谷市で初めてもやしの生産・販売業(有)飯塚商店が創業された。その頃はビルマ(現ミャンマー)産ブラックマッペをもやしとして栽培、収穫、洗浄、包装まですべて手作業であった。そして2011年5月、深谷市の産業活性化を図る産学官連携プロジェクト「ゆめ☆たまご」の活動で市内の大型SCで「ほんとう」を売るという取り組みがなされた。その中で飯塚商店現社長飯塚雅俊は「ほんとうのもやしの風味」を提供すべく、“初めて深谷で誕生した時と同じに作られたもやし”という意味で当時の手作業でのもやしを再現、「深谷もやし」という商品名を与え、販売して好評を博した。
+
1959年(昭和34年7月)に[[深谷市]]新井(明戸地区)において、深谷市で初めてもやしの生産・販売業(有)[[飯塚商店]]が創業された。その頃はビルマ(現ミャンマー)産ブラックマッペをもやしとして栽培、収穫、洗浄、包装まですべて手作業であった。そして2011年5月、深谷市の産業活性化を図る産学官連携プロジェクト「[[ゆめ☆たまご]]」の活動で市内の大型SCで「ほんとう」を売るという取り組みがなされた。その中で飯塚商店現社長飯塚雅俊は「ほんとうのもやしの風味」を提供すべく、“初めて深谷で誕生した時と同じに作られたもやし”という意味で当時の手作業でのもやしを再現、「深谷もやし」という商品名を与え、販売して好評を博した。
  
 
== 特徴 ==
 
== 特徴 ==
もやしを太くするために使用される成長抑制ホルモン「エチレン」の濃度を極力抑え、ミャンマー産ブラックマッペ種を原料として育てたもやしを人の手で丁寧に収穫し、機械を使わずにやはり人の手で丁寧に清浄な地下水で洗い、人の手で丁寧に袋詰め、袋の口を手で巾着に結ぶ。その作業では一人の作業員では1時間に100個が限界であり、深谷もやしの生産は現在主流である設備に頼ったもやしの大量生産とは対極である。ただこれだけ人の手が関わることにより、もやしの傷みが最小限に抑えられ、もやしが本来有するハーブの如く爽やかな香りを残し、茹でて出汁がとれるほどの力強い野菜の味わい、シャキシャキ感を超えた筋肉質な食感を残すことができる。その味わいは一般消費者から「もう他のもやしは食べられない」との感想を引き出し、もやしを扱う飲食店主を「これほどのもやしは今まで知らなかった」と驚かせている。現在全国でも100~150社とも言われるもやし生産業の中でもこのように手作業で作り上げるもやし製品は確認されていない。「深谷もやし」の栽培・製造工程は平成24年7月1日にNHK総合の番組「うまいッ!」において全国ネットで放送され、多くの視聴者を驚かせ、感動させた。さらに番組が郡山大学に依頼して調べた栄養価では他社のブラックマッペもやしと比べてすべての項目で高い数値を示した。特に血圧を下げる効果があるといわれているギャバに至っては他社のそれの8倍という驚くべき値であった。
+
もやしを太くするために使用される成長抑制ホルモン「エチレン」の濃度を極力抑え、ミャンマー産ブラックマッペ種を原料として育てたもやしを人の手で丁寧に収穫し、機械を使わずにやはり人の手で丁寧に清浄な地下水で洗い、人の手で丁寧に袋詰め、袋の口を手で巾着に結ぶ。その作業では一人の作業員では1時間に100個が限界であり、深谷もやしの生産は現在主流である設備に頼ったもやしの大量生産とは対極である。ただこれだけ人の手が関わることにより、もやしの傷みが最小限に抑えられ、もやしが本来有するハーブの如く爽やかな香りを残し、茹でて出汁がとれるほどの力強い野菜の味わい、シャキシャキ感を超えた筋肉質な食感を残すことができる。その味わいは一般消費者から「もう他のもやしは食べられない」との感想を引き出し、もやしを扱う飲食店主を「これほどのもやしは今まで知らなかった」と驚かせている。<br />
 +
現在全国でも100~150社とも言われるもやし生産業の中でもこのように手作業で作り上げるもやし製品は確認されていない。「深谷もやし」の栽培・製造工程は平成24年7月1日にNHK総合の番組「うまいッ!」において全国ネットで放送され、多くの視聴者を驚かせ、感動させた。さらに番組が郡山大学に依頼して調べた栄養価では他社のブラックマッペもやしと比べてすべての項目で高い数値を示した。特に血圧を下げる効果があるといわれているギャバに至っては他社のそれの8倍という驚くべき値であった。
  
  

2012年9月21日 (金) 10:39時点における版

誕生までのいきさつ

1959年(昭和34年7月)に深谷市新井(明戸地区)において、深谷市で初めてもやしの生産・販売業(有)飯塚商店が創業された。その頃はビルマ(現ミャンマー)産ブラックマッペをもやしとして栽培、収穫、洗浄、包装まですべて手作業であった。そして2011年5月、深谷市の産業活性化を図る産学官連携プロジェクト「ゆめ☆たまご」の活動で市内の大型SCで「ほんとう」を売るという取り組みがなされた。その中で飯塚商店現社長飯塚雅俊は「ほんとうのもやしの風味」を提供すべく、“初めて深谷で誕生した時と同じに作られたもやし”という意味で当時の手作業でのもやしを再現、「深谷もやし」という商品名を与え、販売して好評を博した。

特徴

もやしを太くするために使用される成長抑制ホルモン「エチレン」の濃度を極力抑え、ミャンマー産ブラックマッペ種を原料として育てたもやしを人の手で丁寧に収穫し、機械を使わずにやはり人の手で丁寧に清浄な地下水で洗い、人の手で丁寧に袋詰め、袋の口を手で巾着に結ぶ。その作業では一人の作業員では1時間に100個が限界であり、深谷もやしの生産は現在主流である設備に頼ったもやしの大量生産とは対極である。ただこれだけ人の手が関わることにより、もやしの傷みが最小限に抑えられ、もやしが本来有するハーブの如く爽やかな香りを残し、茹でて出汁がとれるほどの力強い野菜の味わい、シャキシャキ感を超えた筋肉質な食感を残すことができる。その味わいは一般消費者から「もう他のもやしは食べられない」との感想を引き出し、もやしを扱う飲食店主を「これほどのもやしは今まで知らなかった」と驚かせている。
現在全国でも100~150社とも言われるもやし生産業の中でもこのように手作業で作り上げるもやし製品は確認されていない。「深谷もやし」の栽培・製造工程は平成24年7月1日にNHK総合の番組「うまいッ!」において全国ネットで放送され、多くの視聴者を驚かせ、感動させた。さらに番組が郡山大学に依頼して調べた栄養価では他社のブラックマッペもやしと比べてすべての項目で高い数値を示した。特に血圧を下げる効果があるといわれているギャバに至っては他社のそれの8倍という驚くべき値であった。