深谷もやし

提供: fukapedia
2012年7月21日 (土) 22:40時点における深谷のもやし屋 (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「1959年(昭和34年7月)に深谷市新井(明戸地区)において、深谷市で初めてもやしの生産・販売業(有)飯塚商店が...」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

1959年(昭和34年7月)に深谷市新井(明戸地区)において、深谷市で初めてもやしの生産・販売業(有)飯塚商店が創業された。その頃はビルマ(現ミャンマー)産ブラックマッペをもやしとして栽培、収穫、洗浄、包装まですべて手作業であった。そして2011年5月、飯塚商店は当時のもやしを再現し販売を始めた。飯塚商店現社長飯塚雅俊はそのもやしを“深谷で始めて誕生した時と同じに作られたもやし”という意味で「深谷もやし」と名づけた。