深谷宿ミステリーツアー

提供: fukapedia
2013年4月17日 (水) 12:38時点におけるDaidai1456 (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

深谷宿ミステリーツアーは、短編推理小説(ツアーブック)を読みながら、複数のポイントを巡り、ヒントをもとに解答で見つけ出すイベント。毎回親子連れなどに人気である。

第14回(2013年)[編集]

「謎の怪盗ブロッコリー 花のスペシャル大捜査!」

  • エントリー期間:4月28日(日)~29日(月) AM10:00~PM3:00(抽選はPM4:00まで)
  • エントリー場所:ふっかちゃん横丁(埼玉りそな銀行深谷支店前)
  • ツアーブック配布場所:中山道深谷宿本舗
  • ツアーブック配布日時:4月24日より配布 10:00~17:00

第13回(2013年)「入江悠氏のミステリーゾーンへようこそ」[編集]

「謎の怪盗ブロッコリー登場」

  • エントリー期間:4月6日(土)~7日(日) AM10:00~PM4:00
  • エントリー場所:ふっかちゃん横丁(埼玉りそな銀行深谷支店前)
  • ツアーブック配布場所:中山道深谷宿本舗
  • ツアーブック配布日時:3月30日より配布 10:00~17:00

事業主体[編集]

事業目的[編集]

中心市街地を題材とするミステリーを基に、市民が中心市街地を楽しみながら巡ることで、中心市街地に対する市民の関心を高め、深谷宿の歴史や文化の再発見の契機とするとともに、中心市街地の賑わいの素を作り出し、さらには広域からの集客を行うことで深谷市の知名度の向上を図ることを目的として実施。

事業内容[編集]

  • 第12回(2012年)までは深谷市内在住のミステリー作家・伊井圭氏に、継続的に、中心市街地を題材とするミステリーの執筆を依頼し、これを基にツアーブックを作成し、ウォーキングツアーを実施してきた。
  • ツアーブックには葉書を添付し、ツアーで見つけ出した回答を送って頂き、正解者の中から抽選で景品をプレゼントしている。
  • このミステリーツアーを商業者や地場産業のPRの場として生かすため、中心市街地に係る関係団体等に対し、タイアップによるイベント実施を要請している。

実績[編集]

  • 平成24年度
    • 第12回「謎の絵文字」
  • 平成23年度
    • 第11回「安楽椅子(アームチェアー)のSOS」
    • 参加者数319人


外部リンク[編集]

深谷TMO-深谷宿ミステリーツアー公式サイト