渋沢治太郎

提供: fukapedia
移動先: 案内検索

渋沢治太郎(明治11年(1878)-昭和17年(1942))は、渋沢市郎渋沢ていの次男。


経歴[編集]

兄の渋沢元治に代わり、市郎夫妻を継いで「中の家」を守った。


八基(やつもと)村会議員、埼玉県会議員、八基村長などを歴任、埼玉県養蚕組合連合会などの設立・運営に参画した。また、耕地整理組合、青淵図書館などを設立するなど、産業、経済、政治、教育など多方面で郷土の発展に貢献した。

『中の家』略系図[編集]

Nakanchi.png