白なす

提供: fukapedia
移動先: 案内検索
深谷産の白なす

白なすは、深谷地域で昔から採れる丸なすの一種の呼び名である。


概要

「白なす」とこの地域で、一般的に呼ばれているが、色はふっかちゃんのような薄い緑色をしている。ヘタの上の棘が非常に痛いので取扱注意。

まぼろしの野菜

以前は多くの農家でも作っていたが、長なすに比べ花が落ちやすいためなど栽培が難しいため、現在、農家が家庭で食べる程度の量しか生産されていない。希少でなかなか手に入らない食材であるため「まぼろしの野菜」ともいわれる<ref>『風』第145号「きんとう旅館石川克正さんに聞く日本料理のコツ」</ref>。

特徴

普通のなすに比べ身がしっかりしており、油焼きや天ぷらにしたときのとろーりとした食感が特徴である。

食べ方

この地域地における一般的な食べ方は、油味噌いためである。ピーマンと唐辛子を加え、油と味噌で炒める。甘辛い味付けは、白いご飯のおかずとしてよく合う。その他、うどんの「かて」としても使われる。皮をむいて天ぷらとして食べるのも美味しいとのことである。
煮くずれせず色落ちもしないのでパスタやグラタンなどにも相性が良い<ref>『風』第145号「きんとう旅館石川克正さんに聞く日本料理のコツ」</ref>。


お店

夏の時期に深谷市内の野菜直売所などで買える。

脚注

<references>