花の街ふかや映画祭

提供: fukapedia
移動先: 案内検索

花の街ふかや映画祭は、「深谷シネマ」がある七ツ梅を会場にして毎年1回(秋)に行われる手作りの映画祭。

花の街ふかや映画祭2012[編集]

Eigasai2012omote.jpg Eigasai2012ura.jpg

事業主体[編集]

  • 主催:NPO法人市民シアター・エフ/深谷TMO(深谷商工会議所)
  • 後援:深谷市/深谷市観光協会
  • 協力:ふかや映画祭パートナーズ

事業目的[編集]

市内外を問わず広く認知され、中心市街地の中核的集客施設となっているミニシアター「深谷シネマ」をさらに発展させるとともに、深谷シネマの活動により深谷市に定着しつつある映画文化を一層充実させることにより、中心市街地を映画文化の発信地として育成し、来街者のさらなる増加を図り、各界との連携・交流を深めることを目的として実施する。

事業内容[編集]

平成23年度[編集]

  • 会場は深谷シネマにて実施した。
  • 上映作品は、入江悠特集、深谷ロケ作品「善人」・「チョッキン堪忍袋」・「グレイト・グランマ・スティル・アライブ」また、招待作品「ヘブンズストーリー」・「君の好きなうた」・「どんじり」を上映した。
  • 8回目になる自主制作映画の祭典として「ふかやインディーズ・フィルム・フェスティバル2011」を実施した。
  • 映画祭の実施に当たっては、深谷市や深谷市観光協会の支援を得るとともに、多くの市民の理解と協力のもとに運営した。

(取組方針)平成16年度に始めた映画祭は、市民イベントとして定着したことから、今後映画祭に係るネットワークをさらに広げ、映画文化の定着が図られるよう継続実施する。また、開催に当たっては、市民ボランティアを募るなど市民による映画祭となるよう努める。

実績[編集]

  • 平成23年度
    • 上映作品数7、インディーズ作品数10、来場者数800人

外部リンク[編集]

深谷TMO-花の街ふかや映画祭ページ