Fukapedia:フカペディアを探検するには

提供: fukapedia
移動先: 案内検索

ここでは、フカペディアの項目(記事)を探すための方法を紹介しています。

読みたい記事名が決まっている場合

検索機能を使って探す

  1. 画面の右上にある「検索」ボックスのなかに、調べたい語を入力し、[表示]ボタンをクリックします。
  2.     
    Search01.jpg

        
    たとえば「深谷市」と入力し、[表示]ボタンをクリックすると、深谷市という題名の記事が表示されます。

記事内のリンクからたどる

記事中で、文字色が青色や赤色<ref>配色は個人設定によっては別の色になることもあります。</ref>になっているのはリンクです。リンクをクリックすれば、リンク先の記事が表示されます。

  • 濃い青色のリンクは、「ウィキリンク」または「内部リンク」といって、すでに執筆されている記事を表します。
  • 赤色のリンクは、「赤リンク」または「未執筆リンク」といって、その題名の記事がまだ執筆されていないことを表します。
  • 薄い青色で、最後に矢印がついているリンク(例:Wikipedia記事検索Goo)は、フカペディア以外のウェブサイトへの「外部リンク」です。テンプレート:Main

索引を使って探す

フカペディアではFukapedia:索引も整備されています。索引では記事が五十音順に並べられています。ただし、この索引は人手で登録しているので、フカペディア内に記事が存在していても、まだ索引に載っていない場合もあります。

曖昧さ回避とリダイレクト

ファイル:Redirect.gif
リダイレクト

たとえば「星条旗 (曖昧さ回避)」を見てください。そのページは「曖昧さ回避」と呼ばれているものです。すなわち、「星条旗」といっても、ウィキペディアの読者はアメリカ合衆国国旗である「星条旗」の記事を読みたいのかもしれないし、あるいはその国の国歌である「星条旗」の記事を読みたいのかもしれません。そこで、一つの言葉がいくつかの異なる意味で使われている場合、閲覧したい記事を特定して判別するために設けられているのが曖昧さ回避のページなのです。テンプレート:Main

また、検索ボックスに「星条旗」と入力して「表示」をクリックすると、自動的に「アメリカ合衆国の国旗」というページに移動します。そして記事名の下には、「星条旗から転送」と表示されます。これは、星条旗という語句が一般的にはアメリカの国旗をさすことからなされている処置です。また、「札幌雪祭り」を検索した場合、正式名称であるさっぽろ雪まつりに転送されます。この機能のことをリダイレクト(転送)といい、転送される元のページ(いまの例では「星条旗」や、"さっぽろ"や"まつり"が漢字を使った表記の「札幌雪祭り」のページ)のことを「リダイレクトページ」といいます。テンプレート:Main

読みたい分野だけが決まっている場合

関連項目をたどる

関連項目は、現在表示している記事に関連する記事を集めたもので、解説本文の下に設けられます。ただし、関連項目がない記事もあります。通常は、本文中に登場していない内部リンクのみが集められています。

カテゴリをたどる

カテゴリは、フカペディアの記事を分野別に整理したものです。分類の大元となる主要カテゴリ百のカテゴリから、目的の項目をたどることができます。また、それぞれの記事の一番下には、その記事が属しているカテゴリが設定されています。カテゴリは同じ分野の記事を集めるための機能ですので、そのカテゴリの名前のリンクからカテゴリのページに飛んで探してください。ただし、カテゴリの多くは整備中ですので、現時点で全ての記事が適切にカテゴリ化されているわけではありません。テンプレート:Main

検索しても記事が見つからない場合

検索しても記事が見つからない場合は、次の手順を参考にしてください。

  1. 項目名は通常、通称ではなく、正式名称になっています。通称では見つからないときには正式名称で検索してみてください(例:「PL法」→「製造物責任法」)。
  2. 表記揺れがある場合、違う表記も試してみてください(例:「ワシントンポスト」→「ワシントン・ポスト」、「サーバー」→「サーバ」)。
  3. 調べた記事名の英数字などに全角の文字がある場合、そこを半角に直してもう一度調べなおしてください。英数字は半角で書かれていることが多いためです。
  4. それでも見つからない場合、その記事に関連するテーマを扱った記事の中に記述があるかもしれません。
  5. それでもよく分からない場合、調べもの案内で質問をしてみてください。
  6. ウィキペディアに適当な記事がない場合、執筆依頼をすることができます。ただし、依頼に応えてもらえるかどうかはウィキペディアの利用者次第です。

なお、言葉の意味・語源・用法・関連語などを調べたいのであれば、姉妹プロジェクトのウィクショナリーで検索してください。

記事の更新状況を知る

最近更新したページ
フカペディア内で最近更新されたページを見ることができます。各ページのサイドバーにある「最近の更新」をクリックしてください。この機能を拡張したものとして、拡張版最近更新したページというものもあります。テンプレート:Main
関連ページの更新状況
現在表示しているページからリンクしているページ、および現在表示しているページへリンクしているページの更新状況を見ることができます。たとえば、AというページからBというページへリンクしている場合、Bページの更新状況を知ることが可能です。#サイドバーの「関連ページの更新状況」をクリックしてください。テンプレート:Main
履歴
いつ、だれが、どのような内容の編集をしたのかを、履歴で知ることができます。ページ上部にある「履歴」をクリックしてください。テンプレート:Main
ウォッチリスト
気になるページの更新状況を随時把握する機能として、ウォッチリスト機能があります。ウォッチリストはログインしている利用者のみが利用できます。ログインしたのち、ページ上部右側にある「ウォッチリスト」をクリックしてください。テンプレート:Main
その他
記事の最下部には、当該記事の最終更新日が表示されています。


その他のヒント

目次
記事に目次が付されている場合があります。私たちがふだん概説書を読むときも同じですが、フカペディアの記事を読むときも、まず目次に目を通してから内容を読むようにすると、おおよその内容・体系を事前に把握できるので、とても合理的です。特定の節(セクション)だけを読みたいときは、その節をクリックしてみてください。当該節にジャンプできます。
脚注
記事本文に角括弧付きの上付き数字が出てきたら、それは脚注に移動するためのリンクです。脚注は記事末尾にあり、参考文献や注釈がまとめられています。テンプレート:Main
ノートページ
すべての記事ページには「ノートページ」と呼ばれるページがあり、ページ上辺にある「ノート」タブのワンクリックで開くことができます。たとえば、記事の加筆・修正についての提案や議論がなされたり、あるいはわからないことがあった際の質問の場として利用されるのが、このノートページです。ノートページを覗くことで、少し違った角度から記事を読むことができるかもしれません。テンプレート:Main

脚注

[ヘルプ]

{{#if: |注意:2009年5月の合意により、脚注をスクロール表示にしたい場合は各自Scrolled Reflistというガジェットを利用し、Template:Reflistのscrollパラメータは使用しないことになりました。この注意文を取り除くには、{{reflist|scroll=1}}から"|scroll=1"の部分を除去してください。なお、テンプレート:Tlを使っている項目の脚注部分にはclass名として「reflist」が指定されていますので、ウェブブラウザのユーザスタイルシートにMediaWiki:Gadget-ScrolledReflist.cssの内容を転記すればIP利用者でも同等の効果を得ることができます。

}}
1 }}
     | テンプレート:Column-width
     | テンプレート:Column-count }}
   | {{#if: 
     | テンプレート:Column-width }} }} list-style-type: {{#switch: 
   | upper-alpha
   | upper-roman
   | lower-alpha
   | lower-greek
   | lower-roman = {{{group}}}
   | #default = decimal}};">
<references group=""></references>