Fukapedia:マークアップ

提供: fukapedia
移動先: 案内検索

フカペディアの編集用の画面を開くと、テキストボックスには、テキスト以外に、"= ="や"[[ ]]"で囲まれた単語があったり、行頭に"*"が付いていたりして、普通のテキストとはちょっと違います。このようなテキストを「ウィキテキスト」といいます。ウィキテイストではこのようの決められた記号を使って、テキストのある部分を見出しにしたり、リンクを貼ったり、箇条書きなどにしてテキストを読みやすく整形しています。こうした整形方法を「マークアップ」といいます。


Henshuu fukayashuku.png


        ↓ [閲覧]ボタンをクリックすると、下図のように表示されます。


Fukayashuku.png


ここでは、初めて記事を執筆・編集するうえで覚えておきたい基本的なマークアップのしかたに絞って説明しています。 マークアップの詳細については、ウィキペディアを参照してください。


  • このページを編集用のウインドウと別に、独立したウィンドウとして表示させておけば、編集中に参照できて便利です。
  • 下の表の左側にはマークアップによる表示結果が、中央にはそのように表示するためのマークアップの記述例が示されています。また右側には操作方法が解説されています。つまり、操作方法にしたがって中央のように書けば左側のように表示されます。
  • ウィキテキスト編集用ボックス内で任意の文字列を選択した状態で、編集用のボタンをクリックすることによって簡単に書式を指定することができます。

編集用ボタン


太字

表示結果 入力内容 操作方法

フカペディアは深谷のオンライン百科事典です。

'''フカペディア'''は深谷のオンライン百科事典です。
  • 太字(Bold)にしたい文字列を範囲指定し、太字をクリックします。
  • 手入力で指定する場合は、太字(Bold)にしたい文字列の両端を、3個のアポストロフィ(''')で挟みます。
  • 見出しを太字にすることもできます。
太字を必ず使う場所
フカペディアでは、記事の最初に記事名を太字にして書き始めるようにしています。


斜体

表示結果 入力内容 操作方法

斜体(Italic)

''斜体(Italic)''
  • 斜体(Italic)にしたい文字列を範囲指定し、斜体をクリックします。
  • 手入力で指定する場合は、斜体(Italic)にしたい文字列の両端を、2個のアポストロフィ('')で挟みます。


見出し

長い文章は本文中に中見出し(レベル2)や小見出し(レベル3)を立てると、記事が見やすくなります。また、1つの記事を複数の視点で構成する場合、それぞれに見出しを立てると、記事が理解しやすくなります。

表示結果 入力内容 操作方法

見出しレベル2

見出しレベル3

見出しレベル4

見出しレベル5

== 見出しレベル2 ==

=== 見出しレベル3 ===

==== 見出しレベル4 ====

===== 見出しレベル5 =====
  • 見出しにしたい文字列を範囲指定し、見出しをクリックし、プルダウンメニューから見出しレベルを選択すると、指定した見出しのレベルになります。
  • 手入力で指定する場合は、見出し語の両端を、複数の半角等号(=)で挟みます。
  • 半角等号(=)の数によって見出しのレベルが変わります。


箇条書き

箇条書きには、以下の3つの種類があります。

  1. 番号なし箇条書き
  2. 番号付き箇条書き
  3. 定義・用語


番号なし箇条書き

表示結果 入力内容 操作方法
  • 鴻巣宿
  • 熊谷宿
  • 深谷宿
    • 見返りの松
    • 常夜灯
      • 東(稲荷町)の常夜灯
      • 西(田所町)の常夜灯

常夜灯は2つあります。

* 鴻巣宿
* 熊谷宿
* 深谷宿
** 見返りの松
** 常夜灯
*** 東(稲荷町)の常夜灯
*** 西(田所町)の常夜灯
常夜灯は2つあります。
  • 箇条書きにしたい行を範囲指定し、番号なし箇条書きをクリックすると、番号なしの箇条書きになります。
  • 手入力で指定する場合は、箇条書きにしたい行頭にアスタリスク(*)を入力します。アスタリスク(*)の後ろに半角スペースを入れることもできます。
  • アスタリスク(*)を2つ入れると、1字下げになります。
  • "*"が複数で入れ子になります。
  • 行頭から"*"以外の文字を書くと、箇条書きは終了します。
  • 1行空かした後から文章を始めると、新しい箇条書きになります。

番号付き箇条書き

表示結果 入力内容 操作方法
  1. 鴻巣宿
  2. 熊谷宿
  3. 深谷宿
    1. 見返りの松
    2. 常夜灯
      1. 稲荷町)の常夜灯
      2. 西(田所町)の常夜灯
# 鴻巣宿
# 熊谷宿
# 深谷宿
## 見返りの松
## 常夜灯
### 稲荷町)の常夜灯
### 西(田所町)の常夜灯
  • 箇条書きにしたい行を範囲指定し、番号付き箇条書きをクリックすると、番号付きの箇条書きになります。
  • 手入力で指定する場合は、箇条書きにしたい行頭に行頭に"#"を書くと、番号付きの箇条書きになります。
  • "#"を2つ入れると、1字下げになります。
  • "#"が複数で入れ子になります。

定義・用語

表示結果 入力内容 操作方法
住所
埼玉県深谷市00-00
電話番号
048-0000-0000
定休日
日曜
; 住所
: 埼玉県深谷市00-00
; 電話番号
: 048-0000-0000
; 定休日
: 日曜
  • 「定義・用語」を箇条書きにする書式です。
  • 「定義・用語」の行頭に半角のセミコロン(";")を入れます。
  • 「内容」の行頭に半角のコロン(":")を入れます。
  • ":"の直前には半角スペースを入れないでください。
  • ":"は";"と同じ行に書いてもかまいません。
  • * # ; : などとそれに続く文字列の間には、半角スペースを入れても入れなくかまても構いません(実際に表示されるリストには何ら影響を及ぼしません)。
  • * # ; :などの前に空行は入れないようにしてください(マークアップ記号直前の改行は必要)。空行を入れると、リストが細切れにされた形でXHTMLが出力されてしまいます。


リンク

ここでは、リンクを貼るマークアップ方法について説明します。

内部リンク

フカペディア内の他の項目(記事ページ)へのリンクを「内部リンク」といいます。

表示結果 入力内容 操作方法

深谷にはさまざまな史跡があります。


深谷宿は、中山道69次のうち江戸から数えて9番目の宿場である。

深谷にはさまざまな[[史跡]]があります。
深谷宿は、[[中山道]]69次のうち江戸から数えて9番目の宿場である。
  • リンクを貼りたい文字列を範囲指定し、内部リンクをクリックします。
  • 手入力で指定する場合は、リンクを貼りたい文字列の両端を、2個の角ブラケット([[   ]])で挟みます。
  • リンクを貼った文字は、青色または赤色になります。青色のリンクはリンク先に記事が存在しています。赤色のリンクはまだ執筆されていない項目です。
  • 青色のリンクをクリックすることで、そのページを表示できます。赤色のリンクをクリックすることで、そのページを新規作成できます。
  • 先頭の文字がアルファベットの場合、リンク先の項目の最初の文字は、自動的に大文字になります。
  • リンク中の半角スペースは、URLになるときに自動的にアンダースコア(_)に変換されます(リンクにアンダースコアを入れることは推奨されていません)。


Caution.gif

  • 上のリンクはまだ書かれていない項目としての例です。実際に執筆しないでください。
  • 見出しの中でリンクは貼らないでください。

外部リンク

本サイト(フカペディア:深谷のオンライン百科事典)以外のサイトへのリンクを「外部リンク」といいます。

表示結果 入力内容 操作方法

ウィキペディア


ウィキペディア[1]


http://www.example.org

[http://ja.wikipedia.org/wiki/ ウィキペディア]


ウィキペディア[http://ja.wikipedia.org/wiki/]


http://www.example.org
  • 外部リンクをクリックすると、[http://www.example.org リンク名]という文字列が挿入されます。"http://www.example.org "の部分を外部のURLに書き替えます。また「リンク名」の部分を表示したい名称に書き替えます。この時、URLの後に空白を入れるのを忘れないでください。
  • リンク名を入力していない場合は、番号だけが表示されます。同じページに複数の外部リンク先がある場合は、ページ内で順番に番号付けされます。
  • "[ ]"なしのリンクは、URLがそのまま表示されます。例えば "http://www.example.org "のようにです。この時、URLの後に空白を入れるのを忘れないでください。

脚注

表示結果 入力内容 操作方法

記事は現代仮名遣い<ref>『現代仮名遣い』(昭和61年7月1日告示)</ref>を用いる。


脚注


<references />

記事は現代仮名遣い<ref>『現代仮名遣い』(昭和61年7月1日告示)</ref>を用いる。


== 脚注 ==
<references />
  • 本文中に、脚注にするコメントを書き 、その文字列を"<ref>" と"</ref>"で挟みます。
  • 次に、ページ最下部に、「脚注」または「参考文献」などの見出しを付け、その下に"<references />"と書きます。
  • すると、本文中の"<ref>"の位置に、通し番号が割り振られたリンク記号が表示され、"<ref>" と"</ref>"で挟まれた脚注コメントは見えなくなります。脚注コメントは、ページ最下部に書いた"<references />"の位置に表示されます。
  • 脚注コメント横の^マークをクリックすると対応する番号の位置に戻ります。


カテゴリー

執筆した記事を特定のカテゴリーに含ませることができます。 例:「深谷宿」という記事を、カテゴリー「歴史」に入れます。

表示結果 入力内容 操作方法

カテゴリー: 歴史


カテゴリー: 中山道

[[Category:歴史|ふかやしゆく]]


[[Category:中山道|ふかやしゅく]]
===
  • 記事の最下行に、"[[Category:歴史]]"と記入しておくと、ページ最下部のカテゴリ欄に「歴史」のカテゴリーページへのリンクが追加されます。
  • そのリンクをクリックすると、「歴史」のカテゴリー・ページが表示され、「歴史」カテゴリーのなかに入っている記事が一覧表示されます。
  • "[[Category:歴史]]"のなかに、記事名のよみがなを"|"(パイプ記号)の後ろに書いておくと、「歴史」カテゴリーに含まれる記事をあいうえお順に並ばせることができます。